左近山団地について

左近山団地は、神奈川県横浜市旭区にある1967年から開発された大規模集合住宅団地です。
昭和の時代から、エネルギッシュな住民たちによって、豊かな暮らしをつくり続けてきました​。
このページでは、団地暮らし編集室が、左近山ショッピングセンターのホームページの場を借りて、
左近山団地およびその周辺地区の様々な情報をお伝えしていきます。
​「こんな情報を載せたい」「こんな情報を知りたい」「こんな構成が見やすい」
​ご協力いただける方、共に作りたい方、援助して頂ける方、団地暮らし編集室までご連絡ください。

 
© haruya koyama
© haruya koyama

press to zoom
© haruya koyama
© haruya koyama

press to zoom
1/1

​左近山団地の現状

左近山団地の概要

左近山団地は、神奈川県横浜市旭区にある1967年から開発が始まった大規模集合住宅団地です。

日本住宅公団(当時)によって、5階建の階段室タイプの住棟を基本に、丘陵地形と緑を残しながら開発されました。

左近山団地の開発と同時期に町丁目「左近山」が生まれ、55haにわたって団地が広がっています。

人口は8,458人、65歳以上人口は3,955人(2019年9月住民基本台帳)。

団地内には賃貸街区と分譲街区を合わせて9街区が混在しており、1街区と7街区には商店街が存在しています。また左近山地区の中には左近山団地のほかに「左近山保育園」「左近山小学校」「左近山中学校」「左近山特別支援学校」が存在し、左近山地区に隣接して「左近山幼稚園」「左近山地域ケアプラザ」「旭スポーツセンター」ほか食品スーパーや薬局などが存在しています。

左近山のマップたち

左近山団地の地縁組織連携体である「左近山地区地域支え合いネットワーク」が、左近山団地の3種類のマップを作成し、いくつかの施設で紙のマップを配布していました。このホームページでは、団地暮らし編集室が地域支え合いネットワークよりデータを引き継ぎ、各マップのPDFデータとして公開しています。

左近山公園マップ
左近山公園マップ

マップの特徴についてはリンクをご覧ください。

press to zoom
左近山公園マップ
左近山公園マップ

マップの特徴についてはリンクをご覧ください。

press to zoom
1/1

左近山公園マップ(2017年)

左近山おでかけマップ(2016年)

左近山お散歩マップ(2007年)

過去に制作したマップたち

また、団地暮らし編集室では今後、これらのマップをgoogleマイマップへ反映させる予定です。

 

左近山の上位計画

第3期 地域福祉保健計画 左近山地区別計画(2016年度~2020年度)

左近山団地の立地する左近山地区では、2016年4月、自治会町内会・社会福祉協議会・地域ケアプラザ・福祉施設・各種団体等が協働し共に力を合わせて取り組むものとして、第3期 左近山地区地域福祉保健計画地区別計画を策定しました。

これは、旭区の地域福祉保健計画 ❐および横浜市の 地域福祉保健計画 ❐ に基づいて策定されています。横浜市の地域福祉保健計画は、市計画、18区の区計画、地区別計画で構成しています(下図:横浜市ホームページより引用)

0014_20201112.jpg

第3期 旭区地域福祉保健計画地区別計画 左近山地区(リンク❐

 
 

主な住民組織

左近山団地を含む左近山地区には、各街の自治会や建物管理組合、ほかさまざまな住民組織が地域を支えあう活動に取り組んでいます。ここでは、それぞれの組織がどのようなものなのか簡単に説明します。

coming soon...!

左近山団地を発信するSNS

左近山団地について、たくさんの方がSNSを通じて紹介しています。

ここでは、フェイスブックにて地域情報を積極的に掲載しているページを紹介します。

今後、各ページの運用主体等の情報も整備していく予定です。

​掲載希望は団地暮らし編集室までご連絡ください。

 
 

​関連する文献

左近山団地に関連する文献を紹介します。

coming soon...!

開発の歴史

左近山団地およびその周辺地区の開発の歴史をまとめます。

coming soon...!

 

みんなの左近山

住民参加型の情報流通プラットフォーム

参加対象:

・左近山団地にお住まいの方

・左近山団地周辺にお住まいの方

・左近山団地に由縁のある方

・左近山団地が気になっている方

様々なタイプでの

「地域の情報の受け取り方・関わり方」を用意しました。

ご自身にとって丁度よいものに是非参加してください。

・複数・全部に参加されても構いません。

・参加は全て無料です。

すべてにおいて、多様性を受け入れ、思いやりの心をもってお使いください。

​管理運営:団地暮らし編集室